農業委員・農地利用最適化推進委員【公募状況最終発表】

「農業委員会等に関する法律」が平成28年4月1日に改正されたことにより農業委員会の体制が次のように変わります。

①農業委員選出方法の変更
 農業委員の選出方法は、これまでの公選制によるものから、公募を実施し、市長が議会の同意を得て任命する方法に変わります。
②農地利用最適化推進委員の新設
 農地等の利用の最適化(担い手への農地の集積や遊休農地の発生防止・解消等)を強化するため、地域の農業者や農業団体から候補者の推薦・公募を実施し、農業委員会が委嘱します。
 尾花沢市では、改正された法律に基づき、新たな農業委員会体制となるため、下記のとおり農業委員及び農地利用最適化推進委員を公募します。
【共通事項】

◆募集期間

平成29年4月1日(土)~平成29年4月28日(金)

◆申込方法

所定の用紙に必要事項を記入のうえ、農業委員会事務局へ提出してください。
平成29年4月28日(金)必着(郵送同様)

募集用紙については、次のいずれかの方法により取得してください。
①尾花沢市農業委員会事務局で直接受け取る。
②ホームページからの取得…下記の様式をダウンロードし、A4サイズの普通用紙に印刷してください。(感熱紙不可)

◆様式一覧

農業委員会委員候補者応募申出書(Word)
農業委員推薦届出書(Word)
農地利用最適化推進委員応募申出書(Word)
農地利用最適化推進委員推薦届出書(Word)

◆兼職

農業委員と農地利用最適化推進委員の両方に応募・推薦することは可能ですが、兼職はできません。

◆公表

中間経過、結果について、ホームページにて公表します。

◆身分

委員の身分は非常勤特別職の地方公務員となります。

【農業委員】

◆対象

農業に関する識見を有し、農地等の利用の最適化の推進に関する事項、その他の農業委員会の所掌に属する事項に関しその職務を適切に行うことができる方を募集します。
【条件】
・市内に住所を有する者を基本とします。
ただし以下の者は対象外です。

・破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者
禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は受けることがなくなるまでの者

◆主たる業務内容

・農地法の規定による農地利用に関する許認可、進達
・市長からの農地利用に関する諮問に対する答申、転用違反等の是正指導
・遊休農地の発生防止及び解消に向けての調整
・毎月の農業委員会及び各種会議等への参加

◆募集人数

19 団体等からの推薦及び応募者の中から、認定農業者10人以上、利害関係のない者1人以上、女性や青年を配慮し選出します。

◆任期

3 平成29年7月20日から平成32年7月19日まで

◆報酬

月額/
会  長 49,000円

会長代理 39,000円
委  員 34,000円

【農地利用最適化推進委員】

◆対象

農業委員とともに地域で農地等の利用の最適化の推進に取り組む体制を強化するため、農業に熱意と識見を有する方を募集します。
【条件】
・市内に住所を有する者を基本とします。
ただし以下の者は対象外です。
・破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者
・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は受けることがなくなるまでの者

◆主たる業務内容

・地区内での担い手への農地の集積等の調整
・地区内の耕作放棄地の発生防止、解消に向けての調整
・地区内の農地法の規定による許可申請及び届出に係る現地調査
※必要に応じて農業委員会及び各種会議等への参加

◆募集人数

10 (尾花沢、福原、宮沢、玉野、常盤各地区2名ずつ)
団体等からの推薦及び応募者の中から選出します。
人・農地プランの区域を考慮し、選出します。

◆任期

3 委嘱された日から平成32年7月19日まで

◆報酬

月額 17,000円

農業委員・農地利用最適化推進委員公募状況(中間発表)
こちらから確認できます。

農業委員・農地利用最適化推進委員公募状況(中間発表)PDF

農業委員・農地利用最適化推進委員公募状況(最終発表)
こちらから確認できます。
農業委員・農地利用最適化推進委員公募状況(最終発表)PDF


【問い合わせ先】農業委員会事務局 ☎(22)1111(代表)

閲覧回数744回

このページに関するお問い合わせ

農業委員会 事務局
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目1番3号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-23-3004(代表FAX番号)